アパートの水トラブルは大家さんとも話し合おう

 

アパートに住んでいると、新築のアパートでない限りにおいては様々なトラブルが発生するものです。とくに、キッチンやトイレの排水管トラブルやお風呂の給湯器トラブルなどは、発生するリスクが最も高いといえるでしょうね。とくに、アパートの水トラブルにもなると、水道業者さんに修理の依頼をしないといけないために、事前に大家さんとも話し合う必要性があるでしょうね。

ちなみに、ネットでアパート住まいの方のトラブルについて調べてみたところ、いろいろな問題例が投稿されています。例えば、ネズミに水道の配水管をかじられてしまったために水漏れしていたようで、水道使用料金が10万円と排水管の修理費が10万円掛かったそうなのです。そこで、大家さんに負担していただこうと相談をしたところ、勝手に修理業者に依頼をしたのだから自分で負担するようにといわれたそうです。しかしながら、民法にはアパートの修繕義務は大家さんにあると定められているようなのです。従って、修理代の10万円と水漏れによる10万円の水道使用料のいずれも大家さんに支払う義務があるというのです。ただし、月額の水道使用料5000円だけはアパートの借主が支払わないといけないようなのです。こうした法律的な問題になると、知らないでいると大家さんの言いなりになってしまう可能性もあるので注意する必要があるでしょうね。

また、水漏れトラブルの場合、階下の方に迷惑を掛けるというリスクが非常に高くなります。しかも、マンションのような鉄筋コンクリート製の場合はかなり安心なのですが、木造アパートの場合には階下の方へ迷惑を掛けるリスクがかなり高くなります。従って、万が一水漏れトラブルが発生した場合には、大家さんなり管理不動産と十分に話し合う必要があるでしょうね。また、水漏れトラブルが発生していない段階においても、事前に対処の仕方や金銭的な負担の割合などを話し合うとよいでしょうね。