定期的に天井に「水漏れのシミ」ができていないか要チェック

 

6月になり梅雨の季節に突入です。例年梅雨に入るとよく晴れることが多いですが、今年は比較的雨が多いようです。

雨が降り続くと田舎の古い建物等で天井から染みて落ちてくる雨水をバケツや洗面器で受け止めるといった光景が浮かんできます。一軒風情のある情景にも見えますが、実情は大変なことです。日本の家屋は木造が多いので、天井に雨のシミができるということは天井部分に湿気を呼び込みカビや細菌の温床にもなる上に、木が腐ってきてひどくなると天井が崩れてきかねない場合もあります。そのため定期的に天井の水漏れのシミをチェックするというのは大事なこととなってきます。

更に田舎だけではなく都市部でも同じことは言えます。木造ではない家屋と言えどアパートやマンションになると自分の住んでいる上の階に人が住んでいます。自分たちがご飯を食べてお風呂に入ってトイレに行ってと同じように上の階の住人もするのです。最近よくある地震でのひずみや、古くなった家屋等では上の階の住人の生活排水が少しずつ漏れて下の階の天井にシミを作るということもあるようです。雨水は風情があるけれど生活排水は・・・等と悠長なことを言っている場合ではありません。どちらも危険なことに変わりはないのです。

常日頃から天井に「水漏れのシミ」ができてないかをチェックすることは大事なことです。