洗濯機はカビの繁殖が著しいものなの?

 

洗濯機の洗濯槽内は、カビの繁殖が著しいとよくいわれます。従って、定期的な洗浄や殺菌が必要でしょうね。

ちなみに、キッチン用の漂白剤として有名な花王のキッチンハイターで洗濯槽内を洗浄すると殺菌効果があります。そこで、具体的なハイターの使用方法についてですが、ハイターを溶かした水を洗濯槽内に数時間放置して、その後洗濯モードで運転を何回か行うと効果的なのだそうです。このハイターは、キッチンで使用するフキンやまな板などを漂白したり殺菌目的で使用するのが一般的ですが、洗濯槽内のカビや雑菌を殺菌するのにも効果があるようですね。

また、クエン酸も洗濯槽内に繁殖しているカビを退治するのには効果的なのだそうですね。しかも洗濯槽内には、直径が数センチ程度の穴がいつくも開いているタイプがあります。そうした穴の中には、カビや雑菌が繁殖している可能性が高いので、何回も洗濯槽内に水を入れて洗濯モードで運転をするといいでしょうね。あるいはまた洗濯が終わった後に、重曹を洗濯槽内に振りかけておくこともカビ対策には随分と効果があるようですね。しかも、洗濯機を使っていない時などには、洗濯槽の上蓋を開けて風通しをよくしておくと、カビが繁殖しにくくなるようですね。その他にも、お風呂の残り湯を洗濯用に使用する節約志向の主婦の方がいらっしゃいますが、お風呂の残り湯には雑菌が多いので洗濯用には使用しない方がいいでしょうね。