トイレのタンク、時々チェックしていますか?

 

トイレ内のブラックボックスといえば、トイレタンクです。トイレタンクはトイレに流すための水をためておく場所ですが、ふだんはフタがしまっていて中をみることはありません。なんとなく機能自体は知っていても、その構造がどうなっているかなど、普段はあまり気にかけていないものでもあります。
しかしトイレの水漏れや水が流れないというトラブルが生じた場合、真っ先に確認しなければならないのがこのトイレタンクの中身です。トイレタンクのなかには、レバーを引くことで水を流す仕組みとともに、ある程度まで水が流れたなら、逆にタンク内に水を溜める仕組みの両方が備わっています。このどちらの機能がトラブルを起こしても、水が流れなかったり、逆に流れっぱなしになったりするというわけです。
ところでいざトラブルに見舞われたとき、タンクのフタを開けてなかを覗き込んでみても、普段となにが違うのか、正直言って分からないという人がほとんどだと思います。日頃見慣れていないものは、どこかに異常があったとしても、そうそう気がつくものではないからです。
そうやって考えた場合、普段から定期的にトイレタンクをチェックしておくことはとても重要です。普段よく見ているものであれば、なにかのトラブルが起きても原因を探るのが容易になりますし、なによりそのトラブルが深刻化するまえに対応できる可能性も出てくるからです。
トイレには、レバーを引くことで一時的に水を流す弁を開放する機能があります。これがフロートバルブです。これが壊れると弁が正常に機能せず、水が流れっぱなしになったり、逆に全く流れなくなったりします。
そしてもう一つ、タンク内に充分な水量が確保されたことを感知して、給水を停止する機能がボールタップです。こちらはパッキンなどの劣化で水が止まらなくなることがあります。
これらの装置を定期的に点検していれば、大きなトラブル時にもすぐに対応ができるでしょう。